こんにちは!          今日もいい塩梅ですか?


by minmei

永遠の0

わたしは「永遠の0ゼロ」を読んで泣いた
泣けて泣けてしょうがなかった
仕舞いにはティッシュをもってきて鼻までかむぐらい泣いた

この本が、まさに今わたしのところに舞い込んできた、このタイミング
偶然か必然か・・・

永遠の0
ゼロとは、いったいなんぞや?
ゼロとは零式戦闘機、ゼロ戦の事だった
舞台は太平洋戦争
本当の祖父はこのゼロ戦の優秀な熟練操縦士だった・・・
祖母が死んだ時、祖父は言った
「実はお前達の本当のお爺さんは戦争で亡くなっているんだよ」と・・・
ジャーナリストの端くれだった姉と僕は
本当の祖父がどのようにして一生を終えたか興味が湧いた
そして調べていくうちに、祖父の悲しくせつない一生を知っていく事になる
戦争という非日常的、異常なまでの世の中のあり方
内地で待つ妻と生まれたばかりの娘のために
殴られても蹴られても、わたしは死にたくない、生きて帰るのだ。といい続けた
祖父を知る人たちに話を聞いていくうちに疑問がいくつか湧いてくる
そんな祖父は何故飛行操縦士を志願したのか
政府は負けるとわかりきっていたにもかかわらず、残ってさえいれば世のためになる
大学生までも引っ張り出して、ほぼ強制的に飛行操縦として叩き込む。しかも1年足らずの期間
そしてそれは、空戦の為ではなく、爆弾を抱えて敵地に突っ込むための操縦
将来ある若い者たちを、そうして鉄砲玉のように、死ねといって戦地へ送り込む
熟練操縦士となった祖父は、その学生たちにどれだけ複雑な思いで操縦を訓練させていたか
そして、最後。あれほどまでに死なないと言い続けた祖父は
何故自ら特攻を志願し死を選んだのか・・・
その真実を知ってしまったとき
涙が溢れて止まらなかった・・・




わたしにも当然祖父がいた
いたけども、会ったことはない
子供の頃、ただ戦死したとだけしか聞かされていなかった
そしてそのまま、祖父を知ろうとも思わず
例えばドラマや映画を観ても祖父に対しての感情移入のようなものはまず無く
ただ軍服を着た修正のたっぷり施された、これが本当の顔かどうかもわからないような
妙に立派で男前な写真に向かって年に一度お盆に手を合わせるだけだった

ところ震災後
あることをきっかけに
今まで祖父の事を一度も考えてやれなかった自分を悔やんだ



事の発端は位牌だった
今回の震災で実家では4人が亡くなった
地方によってやり方は異なるのだろうけど
実家の位牌には先祖代々の戒名の書かれた札のようなものが何枚も位牌の中に入っている
しかしとうとう今回の震災で位牌には4人分が入りきらなくなったのだ
それで、今回新たに札ではなく帳面のようなものに記入され
それを位牌の中に仕舞うというやり方に変わった
そして新しく変わった先祖代々の戒名の書かれたその帳面を改めて見てみたら
思いがけぬショックなことが記されていたことに気づいた
戒名を見ただけでは誰が誰なのかサッパリわからないが
その戒名の横に享年何歳かが記されていて、それを見て愕然とした
小さい兄弟と思われる子供達が4人並んで記されていた
しかも末っ子が4歳の女の子で上の3人は男の子
同じ日に亡くなっていた
その日は昭和8年3月3日、三陸大津波が押し寄せた日であった
それだけではない
その日、母親もまた亡くなっていたのだ・・・
何という偶然だろうか・・・
それと同時に
こんな過去の大事なことを何故家のものは誰も知らなかったのかと
わたしは腹立たしくなった
父に聞いたらば知らなかったのだ
そして当然母も知るはずも無い
それならば今は亡き祖母はどうだったのだろう・・・・
祖父は祖母に話していなかったのだろうか・・・
自分の兄弟と母親を津波で失っていたことを・・・
祖父は祖父の父親と、そして兄弟の中で唯一たった一人生き残った人だったのだ
知らなかった・・・
わたしは祖父の事を何も知らずにいたことを凄く悔やんだ
そして祖父は30代の若さで戦死した
なんという悲惨な人生を送っていたのだろう
お国のために立派に死んでいったなんて誰が言うか
そんな時代に生まれた祖父を哀れんだ

そしてそこへ、「永遠の0」が舞い込んできた
読んでいくと、どうもその主人公の祖父とわたしの祖父との年代が同じぐらいとわかった
当然、重なった
戦争という異常な世界の中で
どれが正しくてどれが正しくないのか
洗脳されたかされないか
真珠湾攻撃の本当の真相
太平洋戦争がどのように行われたか
ほんの一部のお偉いさんの、訳のわからない見栄なのか意地なのかの為だけに
大嘘をついてお国のためといい
沢山の兵士が死ねと言われて鉄砲玉のようにどんどん戦地に送られ
犠牲になった
犠牲になった
犠牲になった
何が国の為、屁でもねー糞食らえ!
多くの人は犠牲になったんだよ

わたしの父は昭和16年生まれ、そしてその妹の叔母は19年生まれ
ということは察するに祖父は早くても18年頃に赤紙をもらったのだろう
早くてもだ。もしかしたらもう少し後だったのかもしれない
祖父もまた、負け戦とわかりつつ鉄砲玉として招集がかかった
一人の犠牲者だ

どんな思いをして家族と別れたのだろう
どんな思いで戦地へ向かったのだろう
そして最後は、何を思ったのだろうか・・・





おじいさん、わたしのおじいさん
今まで気づいてやれなくてごめんね
[PR]
Commented by junko at 2011-09-06 23:49 x
Ciao minmeiさん
きっとさ、向こう側でみんなで出会ったんじゃあないかな?
だから、こうしてお帳面にいっしょに乗る
家族の戸籍みたいなもんだね
で、お祖父さん あいさつに来たんだね
遅くても でも気付いた時が好機なのだと
早くても、遅くてもいけない そのときでなければいけないのだと、そういうものだと私は思います
パズルがさ、ぴた とはまるようにね
minmeiさんの心に今だからこそ、こんなにピタッとはまる

...てことはお祖父さん、ひ孫ちゃん達に会えたってことね ^^

私ね、どんなに苦しい思いをしても、死んだ時点でいろんなことを見せてもらって、ある意味皆さん納得するんだと思うんです
たとえば、母は癌で苦しんだけど、今は苦しんでないと思うんで
お祖父さんもそういう苦しい思いはしたけども、それも彼の経験の一部になっているのだと思うのですね
彼らの苦しみをまた繰り返さないようにしなきゃ行けないのは
そのことで亡くなった人じゃあなく、生きてる私たちなのだと思うのです
それがご供養であるとも思います

minmeiさんの流した涙は優しいね
それも凄い供養だね

Commented by kaneniwa at 2011-09-07 01:31
学生時代、京都の銭湯で黒人青年が
「日本人は先祖を大切にしない」
という独り言を言っていました。

その時、彼と話をする勇気はなく
ヘンな奴が銭湯に居たという感触をもっただけでしたが、
同じく、舞い込むように手にとって読んでみた
『ルーツ』
という、ノンフィクションをもとに書かれた大河小説で、
彼(黒人青年)のつぶやきを理解しました。

BYマーヒー
Commented by kaneniwa at 2011-09-07 01:44
法名帳(過去帳)にはその家庭の 「ルーツ」 があります。

つい10日前の出来事です。
付ける法名(戒名)が重複したりしてはいけないので
法名帳を見せていただくことがあります。

10日前、よく寺院の行事、研修会、法話会に足を運んで
くださったお婆ちゃんが亡くなられました。

法名帳を拝見して、そのお婆ちゃんが50年前に
当時1歳だった息子さんを亡くされていたことを初めて知りました。

お婆ちゃんは、うちの寺に年に1回来て法話をしてくださる
W先生が大好きで、かなり体調が悪い時でも寺に来て、
嬉しそうにW先生のご法話に耳を傾け、肯き、
喜んで帰っていかれました。

W先生は私の2歳年上で、ちょうど亡くなられた息子さんと
同じ年の生まれ。

そして、法名に併記されていた息子さんのお名前(本名)は、
W先生の名前と読み方も文字も、まったく同じだったのです。

たのもしい息子から教えを聞くように、
お婆ちゃんはその出会いを喜んでおられたのだと想像すると、
私は・・・・・・

BYマーヒー


Commented by minmei316 at 2011-09-07 11:27
junkoさん
ああ、またjunkoさんに教えられた・・・
ありがとうね
そうね、真実を知る事が早けりゃいいってもんでもないよね
今のタイミングで良かったのかもしれない
しかしjunkoさんはいつも前向き思考やね、何事もプラスにとってくれる
うらみつらみを糧に生きていくことはできるかもしれないが、決して幸せにはなれないし、そんな者が他人を幸せになんかできんしね
おじいさんもやはり、あの世で笑っているんだなぁと思えば
わたしの心も楽になる・・・
ありがとね
Commented by minmei316 at 2011-09-07 11:59
マーヒーさん
法名帳というのですね
きっとマーヒーさんならわかるだろうから聞こうかなぁとも思ったんですけどね^^
あ、それと思い出した・・・。お盆に実家へ帰ったときに、弟のお嫁さんのお母さん(栃木)から電話を頂いて、娘と孫達の戒名の読み方を教えてくれと言われたのですが・・・家族の者は読めるはずもなく、わたしが見たってわかるはずもなく・・・その時、ああ、きっとマーヒーさんならわかるだろうなぁ・・とちょっと思いました。その後どうしたことやら・・・弟はお寺さんにわざわざ聞きに出向いたのだろうか・・・多分行ってないな・・・きっと。

おばあさんのお話、いいお話ですね 
ほんと法名ってそこの家庭のルーツがわかるんですね
今回おかげさまでそれに気づくことができました
そしてマーヒーさんのご職業は、たまにそういったルーツから見えてくる
感動にも出会えることができる。素晴らしいですね
お爺様は素晴らしいご職業につかれたんですね・・・

しかし銭湯で黒人青年ですか・・・
つい妄想に入りました・・・
Commented by kaneniwa at 2011-09-07 15:05
法名帳は、過去帳と言う方が、やや一般的でしょうか。

法名(戒名)の読み方ですが、お手つぎのお寺のご住職に
尋ねられるのがいちばん確実なのですが、
被災地の寺院はとても大変である状況も伺っています。
読み方を尋ねられることに気兼ねがあるならば、
リレーでもいいので、
デジカメ (ピントが合っていたら携帯でもいいですよ)
の写真を貼付して、私のGメールの方のアドレスに
送ってください。

どのような文字であるか検討がつかないので
100%とは断言できませんが、
まず90%ぐらいの確率で読み方を限定できると思いますよ。
法名(戒名)の基本は音読みで、なおかつなるべく経典のなかの
文字を使うことですから。

BYマーヒー

Commented by minmei316 at 2011-09-07 15:56
マーヒーさん
ありがとうございます
早速弟に電話をして聞いてみましたらまだお寺さんに行っていないそうです
といいましか、先方さんとちょっとすったもんだがありまして行きずらいのだそうです(汗)
それではお言葉に甘えてお願いしてもよろしいですか
明日になると思いますがメール送りますのでよろしくお願いしますm(_ _)m
Commented by apakaba at 2011-09-08 10:45
なんにも気の利いたコメントが浮かばず、情けないわ。
もう、minmeiさんはすごい人だなあとしか言いようが……

ものすごく矛盾しているけど、手が届かなくなった人は手が届かなくなったことで、初めて真に手が届くようになる、という面もあるように思うのです。
だからできごととの出会いに遅いとか早いってないんだと思う。
とにかくminmeiさんは本当にすごいぞ。
Commented by minmei316 at 2011-09-08 15:48
apakabaさん
いらぬ気を使わせてしまったみたいですね
情けないとか思わないで下さい
十分に伝わってますから^^
しかし我ながらちと重かったですね この記事・・・(汗)
わたし全然凄くないんですよ
凄いのはわたしの周りにいてわたしを支えている人たちだと思います
わたしゃー全然凄くない。しょぼいです。ほんとは。
逆にapakabaさんの方が断然凄いと思ってます
しっかりとご自分をお持ちです
Commented by cocomerita at 2011-09-08 16:32
横やりコメントなんだけどね
ヨーロッパの人とご先祖様の話をしても、全く話が合わないの
彼らは、ご先祖様って言う意識があんまりないのよね
せいぜいおじいちゃん、おばあちゃんどまり
そんなある日、私たちがよく行く湖で、アイボリーコ―ストの人に出会った
その人のご先祖様感と私のが全く一緒だったのにびっくり
彼の毎日にはご先祖様が生きいき生きてるのだよね

そう言えば、日本のお祭りも太鼓を使うよね
彼らのお祭りも太鼓を使う
これは、馬鹿にできない共通点なのよね
Commented by えみぞう at 2011-09-09 01:25 x
うんにゃ。minmeiさんはすごいよ。
Commented by minmei316 at 2011-09-09 17:07
junkoさん
ああ、やはりヨーロッパではそうでしたか・・・
日本の夏といえばやっぱりお盆!
しかしそちらではバケーション!なのでしょうね・・・
ところでアイボリーコースト・・・はてはていったいどこだったか・・・(汗)
お恥ずかしながらググりました
おお、西側のアフリカだったのですね しかも昔はフランスの植民地でもあったと書いてありますが、そうしますとご先祖様を敬う習慣はいわゆる原住民がずっと伝えてきたのでしょうかね・・・。やはり基本は、ご先祖様を敬うのが自然なのかもしれないなぁ~
しかし海外に住んでいますと何かと文化の違いでややこしい事もありそうですね
良い時もあれば悪い時も・・・
基本同じ人間なのですがね・・・
お祭りは太鼓をたたいて踊りを踊る  
バカにならない共通点だと思います
Commented by minmei316 at 2011-09-09 17:15
えみぞうはん
おひさしゅーございます
うんにゃ、うんにゃ~、すごくないべっちゃ~(謎)

余談ですが、、、
先日全く関係ないところのよそ様のブログを覗いておりましたらば
なんとコメント欄に「えみぞう」という名前を発見!!
おおお!とちょっと興奮ぎみ!
ところが良く見ましたらば、「えみぞう」ではなくて「えびぞう」でした(汗)
読み間違い(汗)こんなことしょっちゅう(汗)
ぜんぜん凄くないです(汗)
by minmei316 | 2011-09-06 19:39 | | Comments(13)