こんにちは!          今日もいい塩梅ですか?


by minmei

れんしゅーーーー

f0226953_15531678.jpg
f0226953_15533120.jpg

昨日はダンナの練習にわたしもつんだって
ひさびさにクラブを握りました

実をいいますと川崎に住んでいた頃の先輩が
来月わざわざ金沢へゴルフをしに来るんですって
当然ダンナと(ダンナの友達を誘って)ゴルフをするのですが
二日目は人数が足りないからお前が出ろ!との
まぁ相変わらずの強引な誘いを受けましてね・・・
スコア150でも良いということなので・・・
参加が決まっちゃいました(汗)




なので練習練習です・・・・

嗚呼だけどなぜ
ドライバーよりも9番アイアンの方が飛ぶのか・・・
なんなら18ホール、パター以外は全部9番で打ちたい・・・
そんな気分・・・
そんなレベルです・・・
大丈夫か?わたし・・・
[PR]
Commented by kaneniwa at 2010-05-18 21:30
ドライバーを短く持って、
半分(ハーフ)のスゥイングで、
ゴルフボールを卓球の球だと思って
打ってみましょう。

少なくとも、9番よりは飛んでくれて
着地した後におもしろいように転がって距離をかせいで
くれるはずです。

ハーフショットなら9番アイアン同様に
曲がることもほとんどないはずです。

BYマーヒー
Commented by kaneniwa at 2010-05-18 21:32
あ、それでうまくいったら
セカンドショット以降は当然のように
迷いなく9番アイアンを手にしてください。

9番アイアンで、野球のセンターフライを上げられるならば
素質充分のはずです。

BYマーヒー
Commented by minmei316 at 2010-05-19 11:30
マーヒーさん

ドライバーを短く持ってハーフスゥイングですね
よし、今度やってみましょう!
・・・な~て、上手くできればいいけど・・・
でもやるだけやってみます!頑張りまっす
どこまでできるか挑戦します
目標は140!
ダンナに絶対無理無理と言われました
負けず嫌いの心に火がつきましたよ
よーし やったろうじゃねーか
Commented by kaneniwa at 2010-05-21 01:04
ドライバーでのハーフスィングは
ハーフなれど 「ピュっ!」 と、スィングスピードは
なるべく速くなるように練習してください。
結果的にハーフよりも回転が多少大きくなってもいいです。

140切りの野望のため、まず大叩きになる要素を
得意の9番アイアンを使って消していきましょう。

9番アイアンはグリーン近くのバンカーでも使えますよ。
SW(サンドウェッジ)は打つ面の角度を変えて打ってやらねばならず、
実はとても難しいのです。 9番を使ってバンカーから出しましょう。

といっても、クロスバンカーからのショットのように
びゅーん と飛んでいっては困ります。

そこで、左手と右手を大きく離して、
アイスホッケーの選手がパスを出す時のイメージで
(状況によってはゴールにシュートするイメージもアリです)
球のやや手前からショットを打込んでやりましょう。

深いラフから脱出する時にも使える手です。

もちろん、変則ではありますが反則ではありません。

Commented by kaneniwa at 2010-05-21 01:28
グリーンにはのらずに残りが20ヤード以内というケース。
このケースが15場面前後あると思います。

まず、ヤードという実感のない距離感を畳に置き換えましょう。
畳は、上手い具合に横がほぼ1ヤード。縦がほぼ2ヤードなんです。

9番アイアンでアプローチを打つ場合、
手首を固定してロングパットを打つようにすると
最初浮かび上がった距離の3倍の距離転がって止まります。

つまり、グリーンにのらずにピンまで残り畳縦4畳(8ヤード)
の距離が残った時には畳1畳分の終わりのところに落として
やる (ロングパットのように送り出すイメージでもいいです)
と畳縦3畳分転がってくれてちょうどピンの周辺で止って
くれると思います。(傾斜はパットの時のようには影響しません)


BYマーヒー
Commented by kaneniwa at 2010-05-21 01:28
残りが16ヤードであるとすると畳2畳分浮かせて落とせば
ちょうどよく転がってくれるのです。

これはバカにできず、9番アイアンを使ってのグリーン
周辺からのアプローチは、アマチュア王・中部銀次郎選手
(おお、銀次郎!) が非常に得意にしていた高等戦術なのです。
手首さえ固定しておけばロングパットのような動きですので
グリーン周りでの大きなミスが出にくいのです。

この 「9番アイアン銀次郎打法」 

で140切りなんて簡単です。

当日の朝、練習グリーンでアプローチも練習させて
もらえるのなら、50球分ほど この 「ちょい浮かし&転がし」
の比率をすぐに体得できるはずです。

そして、本番ではこれが使える場面では絶対に使ってください。

BYマーヒー
Commented by kaneniwa at 2010-05-21 01:30
ちなみに畳をヤードに置き換えて換算するのは
自己流 (マーヒー流) なのですが、
畳をイメージすればついでに まっすぐな畳のヘリもイメージでき、
真っ直ぐに打ち出すことにもつながっていいですよ。

BYマーヒー
Commented by minmei316 at 2010-05-21 11:30
マーヒーさん

ち、ちょっと待ってください。待ってくださいね~
えーと・・・後でじっくり頭に叩き込んで兎に角やってみます
なんせほら、頭悪いもんで(汗)
だけどわたしの為に一生懸命アドバイスしてくださり嬉しいです
ありがとうございます(涙)
よ~し、140切るために、頑張るぞーーー!!

ちなみに畳は関東間、ですよね
Commented by kaneniwa at 2010-05-21 17:11
中京間が、いちばんヤードに近いのですね。
ミリ単位でしか違いません。

京間はそれよりもやや大き目。
関東間はヤードよりもやや小さめなんです。

でも、数センチ単位での違いでしかないのですよ。
この数センチ単位が打ち分けられる人は
とっくにプロかハイアマチュアになっていますから、
畳は京間でも関東間でも何でもいいです。
畳のイメージが、特にアプローチでは重要なんです。
大きく間違いませんから。

とにかく グリーンの近くまできたら
畳(京間でも関東間でも中京間でも) をイメージしてください。

畳の縦が2ヤードで、横が1ヤードです。
身近な畳を計ってみてください。
大きくは間違っていないはずです。

BYマーヒー
Commented by minmei316 at 2010-05-21 18:12
さすがマーヒーさん

おくわしい
でもそうです
数センチ単位をどうのこうのできるのはプロの域
わたしなんぞに出来るはずはないですが
でも、感覚的に間隔をとってやってみます うまい!
Commented by kaneniwa at 2010-05-21 20:15
アプローチのためのトレーニングがなかなか多くは
取れそうもない忙しい minmei さんに最適な
イメージトレーニングを思いつきましたぁ!

確か minmei さんの家には
「みんなのゴルフ4」 があったはず! (でしたよね?)

キャラは レイラ か ローズをチョイスしてください。

トレーニングモードでパー3のコースでわざと
グリーンを外してピンから20ヤード地点にボールを落下させて
ください。

そこから レイラかローズに 9番アイアンを持たせてください。
この状態から延々と リプレイ (もう一度打つ) です。 
ボールが宙に浮いている比率と転がっていく距離の比率は
実際の場面に実に忠実にできています。

他のショットは実際のゴルフで真似できないのがほとんどの
みんごる4 ですが、9番アイアンでのアプローチは真似できます。

レイラとローズの小さな動きをよく観察してください。

そして、イメージとして画面のなかで 「畳」 をイメージ
してみてください。

BYマーヒー
Commented by minmei316 at 2010-05-22 12:16
マーヒーさん

ありますあります みんゴル
確かにいつもわたしが選ぶキャラはレイラかローズです 
そうですね イメージトレーニングという手もありました
久しぶりにやりたくなったぞ!
9番アイアンで挑戦してみます!
Commented by kaneniwa at 2010-05-23 07:05
レイラを使って9番アイアンでのアプローチショット (20ヤード)
を練習(イメージトレーニング)すると、 グリーンの傾斜が
ない場合は みんごる のピンのマークから 四分の一の
パワーチャージで上手く転がっていくことがわかると思います。

この感覚が大事です。

実戦ではピンのマークのような視覚的アシストがありませんので
畳のイメージが大事なんです。

Commented by kaneniwa at 2010-05-23 07:11
9番アイアンでの転がしショットは、
実戦でやっていれば周囲も 「おっ!」 と驚くはずです。

中部銀次郎(超一流アマチュア) のことを知っている
ゴルファーがいれば、 
「おお、銀次郎戦法だ!」 と驚かれるはずです。

ただ、ドライバーでのハーフショットは
ちょっとカッコ悪いので、見栄えもややいいティーショット
を伝授したいと思います。



Commented by kaneniwa at 2010-05-23 07:51
まず、ドライバーはすべてのクラブのなかで
いちばん曲がりやすく難しいクラブです。

3番ウッド(スプーン)を使いましょう。
半分以上のアマチュア(男性も含む)は
ドライバーでも3番ウッドでも飛距離はそんなに
変わらないはずなんです。
4番ウッド(バッフィ)があればさらにいいです。

3番ウッド (スプーン) をほんの少しだけ
短く持ってください。
これだけで、 「力いっぱいかっ飛ばしてやろう」
という意識から、かなり解放されるはずです。
Commented by kaneniwa at 2010-05-23 07:59
そして、これは練習場で1回、試してほしいことですが、
不動裕理プロのように、まずグラブ(手袋)を使わずに
クラブ (3番ウッド) を握ってみてください。

最初、右手のひとさし指を立てて (グリップから放して)
打ってみてください。
自然といい感じで力が抜けるのに、スィングスピードは
むしろ速くなっていると思います。

次に、中指も放して、要するに右手でVサインを作るように
して打ってみてください。

最後に左手の人差し指も放して、合計指3本を放して
打ってみてください。

今までにない弾道を体験できるはずです。

本番では、指1本放しから3本放しの間で、
いちばんしっくりとくるものでショットしてみてください。

BYマーヒー
Commented by minmei316 at 2010-05-23 15:02
マーヒーさん

わー更に細かく丁寧なアドバイス、ありがとうございます
実は3番ウッド、持っていません
そういえば一番肝心な事を言い忘れておりました
わたしの使っているクラブはダンナの使い古したお古でした(汗)
でも安心してください
今ダンナがレディースの安いのをネットで探してくれています
わたしは道具にこだわらないので今までので大丈夫や
と、言ったところ、やはり違うらしいですね(汗)
わたしの弱っちいパワーではメンズのそれは
適切ではないと言われました(汗)
もしかしたらレディースだと、今まで上手くいかなかったことが
少しは上手く出来るかもしれませんね
あとはしっかりマーヒーさんの教えを頭に叩き込んでやってみます
by minmei316 | 2010-05-18 16:07 | Comments(17)