こんにちは!          今日もいい塩梅ですか?


by minmei

<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

硬派 山本銀次郎!

f0226953_13534750.jpg

プラ板(プラスチック製の薄いシート)に字を書いて
f0226953_1355140.jpg

シワシワのアルミホイルの上に乗せて
f0226953_13554729.jpg

オーブントースターでチン! (ふにゃふにゃになって小さくなる)
外に取り出したら熱いうちに本に挟んでまっ平らに固定。
その時、あえてシワシワアルミホイルを下に敷いたまま固定。
f0226953_13564517.jpg

硬派山本銀次郎のネームプレート完成ーーー!!!




爪がちょっと黒いのは染毛剤のせいで
決して不潔にしているわけではありませんのであしからず。
[PR]
by minmei316 | 2013-11-30 13:57 | 銀次郎散歩道 | Comments(10)

15の夜

盗んだバイクで走り出す
行く先もわからぬまま
暗い夜の帳の中へ
誰にも縛られたくないと
逃げこんだこの夜に
自由になれた気がした15の夜


            by尾崎豊    



後ろの荷台で揺られながら、ふと、この曲を思い出した。



f0226953_16405814.jpg


飲み会の帰り道
旦那とチャリにニケツ、もとい、二人乗りして
暗い裏道を隠れるようにして帰った。

酔っ払い運転がなんだっつーの!
ニケツがなんだっつーの!
酔っ払いは気持ちが多少デカくなっている。
まるで少年少女にタイムスリップして
久しぶりにほんの小さな悪さを楽しむかのように
暗闇を求めて走った。44の夜。





尾崎豊くんへ
大人になっても案外自由ってやつぁ、
無いんだな、これが。
[PR]
by minmei316 | 2013-11-19 17:00 | Comments(8)

余談ですが、

先日娘のデッサンは学年でトップだと
お話させていただきましたが、

成績のほうはクラスで43人中42番だそうで・・・・。


はんぱねー。
はんぱねーよ。

この極端すぎる成績・・・。



やはり血は争えない。

教えたわけでもないのに
何故に私と同じ道をたどるのか・・・。
[PR]
by minmei316 | 2013-11-13 11:34 | Comments(12)

アワビ漁

冷たい風の吹きすさぶ海の上。
不規則にあっちにグラリこっちにグラリと
サッパの予想もつかぬ小刻みな揺れに絶えられず
とうとう酔っ払ってしまった青白い私の顔を見て母が
「いいが、そごさ寝でろ。」と言ってくれた。
酔いで力尽きた体を横たえて目をつむると
いくつもの小さな波がサッパにぶつかり
ペコンペコンと心地のよい音が永遠と続く。
そのうち眠気がきて、うつらうつらとしていたら
なにやら顔に違和感を感じて目を覚ますとタコの吸盤が肌に吸い付いてしぶとく取れない。
先に父がアワビ漁の最中タコを見つけ鉤で引っ掛けて上げたやつ。
そうだ。船にそのまま放置していたことを思い出す。
水ダコの大きな吸盤は顔どころか全身に吸い付いていて
こっちが取れたと思ったら今度はこっちに吸い付いてと
一度纏わりついたら逃れられないのだ。
そのうちまた視界がふわふわして気持ち悪くなり、もうお手上げ。
「おかぁさ~ん・・・」とひよわな声で助けを呼ぶと
仕事の手を止めてニヤッと笑った父が取り除いてくれた。

三陸はこれからアワビが旬。
子供のころはアワビ漁の度に毎回朝4時に起こされ連れて行かれたものだ。
最初は酔って酔ってしょうがなかった。
当然仕事は全く役にたたなかったが、それでも連れて行かれるのだ。
そのうちそんな私もあの恐怖だった揺れに慣れてしまい
仕舞にはケイオス(舟漕ぎ)も母に勝るとも劣らないほどの腕を上げた。
「母さんよりも上手だぁなぁ。」
母はわたしを褒めて育てたのだなと今になってそう思う。
サッパの上に滞在4時間。
真っ暗な闇が水平線からだんだん明けてくる様は
なんとも幻想的で神秘的で小学生の子供(自分)がそれを見て感動していた。
自然あふれる場所というのは時にそういった奇跡的な美しい景色が多く見れる場所。
素晴らしいところだ。

三陸はこれからアワビが旬。
今年もまたこの季節がやってくると
必ず思い出す懐かしい思い出。

厳しさと、
美しさと、
父、母の温かさと。
f0226953_1555507.jpg

[PR]
by minmei316 | 2013-11-05 15:58 | 実家(宮古) | Comments(10)
f0226953_14575291.jpg

今日は天気がよかったので今年最後のシャンプーをしました。
銀次郎君の毛はドライヤーをかけると毛が舞うのでそれは避けて自然乾燥。
ですから天気のよい小春日和(もう小春日和と言ってよいのか?)に
ポカポカ日差しを受けながら自然に乾かすのです。
銀次郎君のシャンプーは年に3~4回に定着しました。
基本、犬はシャンプーなどしたくないに決まっています。
それを人間様の都合で心地よい体臭をきれいさっぱり
洗われてしまうのでたまったもんじゃない。
と、きっと銀次郎君はそう思っているに違いありません。

今銀次郎君は夏毛から冬毛への生えかわり時期。
今日のシャンプーでもごっそりと抜けました。
これであとは寒くなるにつれ、またふかふかの毛が生えてきます。


銀次郎君、
次のシャンプーは来春4月か5月。
それまでしばらくは安寧です。
[PR]
by minmei316 | 2013-11-02 15:16 | 銀次郎散歩道 | Comments(6)