こんにちは!          今日もいい塩梅ですか?


by minmei

<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

10月19日 土曜日

今日は早朝予約でお客様のお宅へ出張で
セットとメイクをさせていただく為に伺った。
お客様はわたしらが独立してから
ずっと来ていただいている常連のお客様。
開店当時始めていらした時のことは今でも忘れない。
坊主頭に青い体操着を着た小学生の男の子が
「車椅子でも大丈夫ですか?」と言って
電動式車椅子のお母さんに付き添ってやって来た。
お母さんは首から下がほぼ麻痺して動かず
でもかろうじてなんとか腕が少しばかり動かせて
右の肘掛のところに付いているコントローラーを
右手にマジックバンドで消しゴムつきの鉛筆を逆さにして固定させ
それで腕ごと動かしてなんとか自分でボタンを押したりレバーを動かしたりして
操作しながら入ってこられた。
そしてわたしらは当然快く受け入れた。
最初はシャンプー台でシャンプーをするときに
電動式車椅子を倒してうまい具合にシャンプー台に
はめ込む操作にあたふたもしたが
今じゃ慣れたもんだ。
それから必ず2ヶ月に一度はカラーとカットで来店される
我が店の大切な常連のお客様となった。
そしてやはり、何度か接していくうちに
どうしてこういう状況になったかは
自然と知ることになっていったのだ。

お客様にはご主人と3人のお子さんがいた。
その家族の乗った車が事故にあい
お母さん(お客様)だけが重症を負ったのだという。
初めて来店されたときのあの坊ちゃんは
一番末っ子で幼稚園の時の話だそうだ。
お客様は気さくに躊躇も無く淡々と話してくださった。
どこか吹っ切れたような感じさへ受けたが
でも多分ここに至るまでにいろいろな事があっただろう。
それはわたしの想像を超えるほどの苦労が。
しかしそれ以上は踏み入らない。
事故の話はその1回だけで、あとは他愛のない世間話や
映画が好きなので映画の話をして楽しい会話をしている。
一髪を切るただの美容師とお客様という関係として。

そしてそのお子さんたち3人のうちの
一番上のお姉ちゃん以外の弟二人のどちらかが
それが役割のようにいつもお母さんに付き添ってやってくる。
一番下の弟に限っては、帰りの際後姿を見送りしていると
お母さんの電動車椅子にうな垂れるようにして
何か甘えている様子を見た。
そうか、ああいう甘え方があるんだなぁ。良かった。と
安心してみたりして。
お母さんは子供に手をかけてやることはできないけれど
精神面では十分に子供たちを支えている。
多分仕事にかまけておろそかなわたしよりも
十分に温かな愛情をそそいでいることだろう。
で、殆ど会ったことの無いお姉ちゃんだが、
たまたま早朝銀次郎君の散歩で
お客様のご自宅の横を通ったときに始めてお見掛けした。
お姉ちゃんはベランダで洗濯物を干していた。
そこで悟った。この子は家の家事を殆どしているのだろう。
若いのに、朝家族のご飯を作り洗濯をすませ
自分のお洒落はそこそこに、仕事に出かけている。

そんなお姉ちゃんがこの度ご結婚される。とのこと。
それでお母様の身支度をわたしが任せられたのである。
その朝のご自宅での光景は、それぞれがてんやわんやと
てんてこ舞いをしていて、お姉ちゃんと弟が
ちょっとした言い争いなどもしていたが、それは多分日常のことで
今日に限っては、家族として最後の兄弟げんかを楽しみながら
やっている感じが見て取れた。
横でメイクをされながらお母さんは、そこにわたしが居た手前か
「あの子はあんなで、ほんとに嫁がつとまるんだろうか。」
と、まぁ、お決まりって言えばお決まりの台詞を言った。
いつもよりカールを聞かせてブローセット。
何年かぶりのメイクを施し、真珠のネックレスにイヤリング。
胸に淡いピンクの花のコサージュ。
お客様は見違えるように美しくなった。
そこへご主人が近づいてきた。
メガネを磨きながら、

「お、美しくなったねぇ。今日は多分お母さんもメインだからねぇ。」

と言って、綺麗に磨かれたメガネをかけてあげていた。










今日はとても感慨深い仕事をさせてもらった。

それにしても、皆、幸せそうだった。
[PR]
by minmei316 | 2013-10-23 14:11 | 仕事 | Comments(6)

弁当とデッサンと

f0226953_10225262.jpg


娘さんのデッサンは学年でもトップですね!
と先生に言われえて、
ほら、
親がまず調子こいてるよ。
「さすがわが子や!」ハハハ
f0226953_1150579.jpg

久々に今日の弁当
日曜日「ダッシュ村」を観てさっそく真似っこ。
佐賀レンコンならぬ加賀レンコンでレンコンハンバーグ。
つなぎも何も入れない。ただレンコンを摩り下ろしてそのまま焼く。
大根おろしをのせてポン酢でいただいたのが夕べ。
今日は弁当のおかず用にあんかけで。

・レンコンハンバーグ
・白菜おひたし(ごま油と醤油)
・豚牛蒡きんぴら
・山形おみやげ甘納豆
[PR]
by minmei316 | 2013-10-22 12:00 | イラスト | Comments(6)

現場の生々しい声

これはfacebookでわたしの知人が、さらにその知人の記事をアップされたものです。
なぜかシェア機能ができないようになっており
それならとコピーしてそのリンクを拡散しようと自分のところにも
貼ってみたのですが、朝起きて覗いたら消えていました。
何者かが操作しております。
なぜ隠す。隠してどうなる。
隠すことに力を入れるなら、それよりまずするべきことがあるだろが。
この作業員の冒頭の一言
「福島第一原発、だめだ。」
現場でその目で見てきている人が「だめだ。」と言ってるよ。
「だめだ。」って言ってるんだよ。



****************************************************



先ほど福島第一原発に働いている知り合いから連絡がありましたので紹介します。
引用開始・福島第一原発、だめだ。現場の意識レベルが最近低下して、原発の知っている人が居なくなってきた。線量計も身に付けさせてもらわず、4時間⇒7時間作業に伸びた。人が足りてない。素人ばかりだ。さらには、自分の被爆量もわからない。やり方はむちゃくちゃ。日当もほとんど上がらない。最近では、会社をクビになったおっさんまできだした。多分、浮浪者も居なくなってきているのかも。夏も終わり涼しいが風が強いと埃が舞って、さらに被爆量が増えている。俺の靴下に入れているシート型線量計も100ミリシーベルトはこえていた。あと、二週間前に同じ作業員が、急性心不全で亡くなった。そいつは建てや内の作業で、高レベル放射能地区だった。もう誰も止められないよ。どうしよ。このまま福島第一原発は続いていくのか心配だ。タンクの汚染水漏れ、ホースのつなぎでの被爆なんて、現場ではわからない。全てにおいて報道で知る。アルプスも不具合治しながらだが、除去されている補償がない。現場にいると、綺麗事なんてない。2年半、なんにもできていないみたいだ。なんとなく周りに建家を立てているが、3号機なんて近寄れないし。事実を報道しない理由はわかる。報道したら福島第一原発はチェルノブイリよりタチが悪い。東電も、毎日何かやっているが、メルトスルーすら、なんにもわかっていないみたいだ。これから、また、どうなるかわからないが、もう少し働いてみる。今日の夕方に、嘔吐により病院行ったが緊急入院。白血球が異常値らしい。もう作業員も使い捨てだな。また、連絡するな。・引用終わり




*****************************************************



この作業員の体も心配です。
やはり使い捨てで死んでいっている人が沢山いるような気がしてきた。


だれかこの怪物を退治してくれる人はいませんか!
世界中のどこかにひとりでもいませんか!

f0226953_1541571.jpg

[PR]
by minmei316 | 2013-10-18 11:27 | Comments(6)
母が施設で生活するようになって変わったことがある。
それは誰とでも挨拶代わりにハグをするようになったことだ。
これはたぶん施設の中のスタッフさんが日常茶飯事
母たちとのスキンシップで行っているからなのだろう。

ヒロさんが言った。

夏、お盆で実家に帰った母にヒロさんが声をかけたら
「あら、ヒロさぁん、おすぱらぐぅ(しばらく)」と言って
母は突然ヒロさんにハグをしたそうだ。

「〇〇ちゃん(わたし)、おれは涙が出だったぁ。」と
また少し涙ぐみながらヒロさんはわたしに話してくれた。


震災が起きてからというもの
弟が一人で住んでいる実家のいろいろな世話を
ヒロさんがやってくれている。
本当にありがたいことで頭の下がる思いだ。
だから顔を合わせる際は必ずお礼を言っているのだが
ヒロさんはいつもそっけなくこう言う。

「なぁに困ったぁどぎは、おだげーさま(お互い様)だが。」

恩着せがましいそぶりなどまったく無く
ただ「あだりめー」(あたりまえ)の事をしただけという感じで
全く持ってそっけないもんだ。

それで改めてこのヒロさんの言う「おだげーさま」という言葉を
ちょっと考えてみたんだ。
何でこうもヒロさんはうちの実家を気にかけてくれるのか。
考えてるうちに、ハッと昔の記憶がよみがえった。
ヒロさんは30代の若さにして未亡人になったのだ。
ご主人を海で亡くした。
そしてそのご主人を探して海から引き上げたのが父だった。
更に亡くなった時期が運悪く若布の養殖を取る時期をひかえていた最中
当然一家の大黒柱を失ったヒロさんの家ではどうすることもできず
村の者たちが総出で自分の家の養殖仕事をする前に
ヒロさんの家の若布仕事を全て終わらせてから始めたのだった。
当然小学生のわたしらも借り出されて手伝ったんだ。
わたしよりひとつ下のヒロさんの娘Mちゃんに
お父さんを亡くしたばかりで、どう、何を話しかければよいのかもわからず
背中を丸っこくして若布の茎切りをしているMちゃんの背中を
ただただ後ろから見ていたのを思い出した。
30代の若さで伴侶を亡くし幼い3人の子供を育て姑の世話もしながら
大変苦労されただろう。
そしてそんなヒロさんを隣に住んでいた母が放っておくはずがない。
多分子供のわたしらが気づかないところで
一生懸命ヒロさんをたすけていたのだろう。
あの母ならきっとそうするはずだ。
自分は二の次でまず他人を気遣う人だったから。
子供のわたしでもわかるほど、バカにお人好しな人だったから。
だから
悔しいのはなんでそんな善人がこんな病気になってしまったのか・・・だけど。

でもお母さん
お母さんがやってきたことは決して無駄ではなかったね。
「困ったどぎは、おだげーさま。」がちゃんと返ってきてるよ。
お母さんのいないところで
ちゃんと。


ヒロさん、いつもいつもありがとうございます。
[PR]
by minmei316 | 2013-10-17 14:50 | 実家(宮古) | Comments(4)

拝啓 父上様

今年もまた枯葉の飛び交う季節がやって参りました。
f0226953_1724119.jpg

父上様お手製の箒は
今年もまたすこぶる爽快に
アスファルトの上の枯葉を掃いてくれます。
既製品の箒ではダメ。
枯葉は地面にしぶとく吸い付いてなかなか取り除くことができず
まったく役に立たないのですが
父上様お手製のそれはいとも簡単に枯葉を宙に舞い上がらせる。
素晴らしい代物です。

今はなくなってしまった浜の倉庫で
昆布のヘリ切りで出たクズを
父上様がこの箒で掃いておられた。
それを見ていて、これは良いと思い
一本持って行ってよいかと尋ねたらば
「おぅ。なんぼうでもあんが、(いくつもあるから)持ってげ!」
といってくれた父上様の顔を
店の前の枯葉を掃きながら思い出しております。


ここで一句


箒草 結び目愛し 秋の空



解説 箒草を縛った縄の結び目に今は亡き父を思い出し愛しくなったのっす。
[PR]
by minmei316 | 2013-10-02 17:55 | Comments(10)