こんにちは!          今日もいい塩梅ですか?


by minmei

<   2012年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

くしゃみ

わたしは年中鼻炎である。
といってもそんなに酷いわけではなく
鼻の粘膜が敏感で、埃や冷房の風、また急激な温度差で頻繁にくしゃみが出る。
という程度で、よくいらっしゃる年中鼻声でお困りの方ほどではない。
にしても、そのムズムズっときた時のあの世にも恐ろしいほどのデカイくしゃみは
もう、どうにも止められない・・・しかも連発ときた。
お客様と会話をしている時などに始まると会話が思うように進まず
たまに、マジでイラっときたりして歯がゆくなる(鼻が痒いのだけど)
可愛らしく小さく「くしゅん」とする人が羨ましい。
なるべく静かに静かにと抑えようとするも、あの勢いは
どうにもならないものなのだ・・・。orz

そうそうお客様で思い出したが、あるお客様の話で
そのお客様のお母様がやはりデカイくしゃみをされるそうだ。
しかもそのお母様のくしゃみには必ずあとで掛け声がセットで付いていて
「ハックッション、えーこら!」 となるそうだ。
そんなある日、町に向かうバスの中で
お母様の傍に座っているおじさんが突然くしゃみをした。
そしたらばお母様、咄嗟に「えーこら!」
見ず知らずのその人の後に続いて、無意識に掛け声を掛けてしまったそうだ。

癖って怖いですね・・・

金沢弁で時々「えーっな!」と叫ぶ時がある。
これは主に何かやらかした時に「あああ!」とか「もー!」とか「クソ!」とか
そういう場合と同じ意味合いだが
わたしも時々くしゃみの連発の苛立たしさに
「えーっな!!」と叫んでる・・・

気をつけないと・・・


f0226953_1046581.jpg

てか、なんで銀ちゃん?
[PR]
by minmei316 | 2012-09-27 10:52 | Comments(19)

最後のジョーク

入院中だった父が実家に電話をして

「お盆休みが取れだーけー、むげー(迎え)さ、来ー」と言ったそうだ。

外泊許可とは言わず、盆休みというところが父らしい。

父は気難しく短気でひとつ気にくわない事があると
ドカンと怒鳴ることもあって
昔は父がいるとちょっとした緊張感が漂ったものだ。
しかしその反面、突拍子もなく突然駄洒落やジョーダンを言って
私たちを笑わせ、和ますことも忘れなかった。

高校を卒業して実家を出てからの私と父の関係は
殆どが電話でのジョーダンの言い合いをして笑って終わるパターン。

それは今になって思うと
確かにクソ真面目な話なんぞ、照れくさくて
話してらんないというのもあったが
それだけではない、やはりお互いがお互い
心配をかけまいとして、元気に振舞って見せていたのだ。と思う。
なんだ、やっていることは、一緒だった。



寝る暇もないぐらい忙しい、若布の養殖時期(震災前)
1ヵ月半から2ヶ月の間、終盤ともなると
みんな体力の限界をとうに越し殆ど気力だけでやっている。
ということを良く知っている私は
元気付けの為に激励の電話を入れる。
すると父は必ず決まって

「はー、疲れで死にそうだぁ、手伝いさ来ー」という。

これが父流のジョーク。

多分相当疲れているはず
だけど心配をかけまいとして、それであえてわざとらしく
ジョークを言って余裕を見せるのがお決まり。

それが父流。



そして最後の最後

お盆休みの最後のお別れ

父の病状から、先はそんなに長くはない

これが最後の別れになるだろう

しかしわたしはそっけなく

「お父さん、じゃあねー。また来年!」

最後のお別れの言葉

そして父

「来年まで持だねーごったー」

と、最後の最後、わたしにジョークを言い放って

逝ってしまった。


流石お父さん。


かっこいいぜ!

***
[PR]
by minmei316 | 2012-09-26 20:14 | 実家(宮古) | Comments(16)

たらこ玉子そぼろ弁当

f0226953_1091567.jpg


昨日何気に見ていたテレビ番組は
NHKの「今日の料理ビギナーズ」
ハツ江おばあちゃんというキャラクターがとてもかわいい。
そして昨日ハツ江おばあちゃんは「たらこ玉子」を紹介してくれた。
「そうか!その手があったか!」
早速今朝の弁当につかわさせていただきました。

調味料全く無し!
ほんのりたらこの塩味のみ!
これ、明太子でもいいかも!

ハツ江おばあちゃん、ありがとう!



f0226953_10422166.jpg








                              
[PR]
by minmei316 | 2012-09-25 10:43 | べんとう | Comments(6)

鍋、復活!

f0226953_15102492.jpg

正確には鍋の柄、です。復活したのは。

はい。しばらく、というより、ずっと柄無しでこの鍋使っていました。
はずれてしまった柄も、はてさて何処へやら・・・
はい。ときどき柄無しの鍋を使っていて苦しいときもありました。
例えば木べらでかき混ぜるとき、鍋が動くし・・・
そんなときは近くにペンチをひとつ準備しておき
ペンチで鍋の柄のところを挟んで柄代わりに使っていたときもあります・・・

しかし!ついに!閃きました!

「そうだ、アレがあった!アレを使おう!」


銀次郎君の散歩で時々海岸へ行きます。
その時に何かに使えるのではと、流木を拾っていた事を思い出しました。
f0226953_15182782.jpg

はい。太さの丁度良さそうな木がみつかりました。

カッターでちょっと削って、それを穴にはめて
あとは金づちでカンカンカン

なかなかこの風合い、いいんでないの!

貧ぼったらしいが、それが好きだからしょうがない。
[PR]
by minmei316 | 2012-09-20 15:31 | Comments(22)

秋刀魚のすりみ団子

f0226953_18254543.jpg

        (写真がボケボケでごめんなさい)



一般的には「つみれ」と言うのだけど実家の宮古では「すりみ」と言う。
季節によって秋刀魚だったり鰯だったりするのだけど
昔民宿をやっているとき、時々これの吸い物を作ったりもしていた。
さばいた魚を大まかに包丁でたたいて、そしてすり鉢に入れ
すりこぎ棒を持ってお勝手場から茶の間へ移動し
父はテレビを見ながら一杯やりながら
あぐらをかいてよく擂っていたものだ。
そうするとそれに気づいた誰かが傍へ行き
すり鉢を押さえてやる。
私だったり妹だったりそのさらに妹だったり。

魚が徐々につぶされていくのを見るのが楽しかった。
魚がある程度つぶされたら、卵やしょうが汁、小麦粉、
そして父は味噌を入れていた。
いろんなものが混ざっていくのが面白かった。
父が人差し指の先にちょっとつけて味見をした。
わたしもすかさず真似をして味見をする。
生でもうんまかった。

出来上がったそれをまたお勝手場に持っていき
あらかじめ湯を沸かしていた鍋に
今度は母と一緒に団子を作って落とす。
団子の作り方は手の平に包み軽く握った状態で
親指の付け根の小さい穴からムニュッと出し
ある程度ひと口サイズにまで出したらその穴をすぼめて切り落とす。
母は父とは全く正反対でよくしゃべる。
母のおしゃべりを聞きながら二人鍋の前に立ち
団子を作っては鍋の湯に落としていた。



さんまのすりみ汁



その思い出も今や、すごく愛おしい。




はるるんと作ったすりみ汁
フードプロセッサーであっけないものだが
それでものちにはるるんは思い出してくれるだろうか・・・
[PR]
by minmei316 | 2012-09-18 19:26 | 実家(宮古) | Comments(16)

親指に唾をつけて・・・

スーパーのレジで支払を済ませたら
当然マイバックに買ったものを詰めるのだけれど
例えば肉とか魚とか、他にも水分の入った物などは
あらかじめそこに備えてある薄いビニール袋
水分や油が横にしても漏れないよう念には念を、ということで
やはり何枚かは使いたいのである
がしかし、今まではそんなことなかったのに
最近になって、その薄いビニール袋のくっついた開き口を
なかなかスムーズに開くことができなくなった
だんだん年とともに指先の湿り気が失われつつある
そりゃそうだ、毎日毎日毎日洗剤を使って洗い物などしていたら
指先だってカサカサになるさ
そこでだ、親切なスーパーなら、その備え付けられたビニール袋の横に
清潔そうな濡れた布巾が置いてある
あー、ここにちょっと指をつければ指先を湿らせる事が出来るんだ
そう気づくまで、ただその台を拭くだけのものだと思っていた
じつはそれ以外にも違う目的で必要とされている布巾だったんだ
今の今まで気づかなかったよ、なんて親切なんだ!と感動もした
が、しかしだ、どこのスーパーでもそのようなものが置かれているとは限らない
そう、布巾が置かれていない所もある
そんな時、どうする?
なかなか思うようにビニール袋が開かないんだよ
どんどん時間が過ぎていくのさ
多分若けりゃ、時間は沢山あるから、どんだけでもそのビニール袋に
時間をついやしても平気だろう
しかし主婦は違うのさ!
忙しいのさ!
何事も、ある程度の時間を決めて動いているのさ((自然にね)
だからビニール袋開ける時間、10秒以上はかけたくないのさ!!
しかし布巾がない!
どうする?
そう!よく目にする、アレ、おばちゃんたちがやる、アレ
やったのさ!
そしたらあんた、あんなに滑ってしょうがなかった袋
スムーーーーーズに開いたさぁ
初めてそれをやるときは、ちょっとまごついたよ
あれ?どっちにつけるんだ?親指か?人差し指か?
そんなもん正しいやり方とか決まっているんか?
いや、あるわけない!あってたまるか!
どっちでもいい、やっちまえ!

それからは、必要に迫られた時、時々やってる

でもくれぐれも人様にご迷惑がかからないよう
例えば他人に渡るものには極力しないように心がけてはいる


そうなんだよ
おばちゃんたちが指に唾をつけるのには
いろんな理由があるんだって事
最近わかってきたよ
[PR]
by minmei316 | 2012-09-05 19:48 | Comments(10)

日常

昨夜電気を消して目を閉じてはみたが
なかなか眠れず
案の定今朝の起床6時30分、寝坊をした
寝ぼけまなこでお勝手場に降り
今日の朝は、ごめん、ご飯にレトルトカレーのみ
お昼の弁当は長女も次女も午前練(習)
作らなくて良し!で、これ幸い
昼はこれを食べなさい。とカップラーメン
洗い物ついでにお勝手場で顔を洗い
水筒の準備は自分らでしてくれ、と
体にタオルを巻いてこれまた寝ぼけまなこでフラフラと
風呂場に向かうはるるんに声をかけ
「ママ、早朝予約やから、行ってきます」
家を出たのが6時45分・・・

確か、なにかインパクトのある夢をみたはずだが
起きた瞬間は覚えていたのに、今は何も思い出せない・・・
あっれー、どんなんやったっけー

なんやかんやありましたが
なんとなくまた普通の日常に戻りつつあります


山あり谷あり、大袈裟だけど
こうやって人生は繰り返していくんだなぁと
しみじみ思ったりなんかしてしてみたりしちゃったりして えへ


さぁ!今日も忙しくなってちょうだいよ~~~!
[PR]
by minmei316 | 2012-09-01 09:31 | Comments(4)