こんにちは!          今日もいい塩梅ですか?


by minmei

<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

嬉しい悲鳴

ふうーーーーーーーーーーーー。

疲れました・・・・・


若いときはそうでもなかったけど
最近立ちっぱなしで、ぶっ通しだと・・・・こたえます・・・・
ましてやヒールなぞ履こうもんなら、足裏が悲鳴をあげています・・・

それに

体力もそうなのですが

口も疲れました

きっとしゃべり通しだったのでしょう・・・・

美容師は口が疲れるものだと
昔、若い頃お客様とうまく会話ができず悩んでいたら
先輩にそう言われたものです

当時、人見知りでけなげな少女も
今じゃ心臓に毛が生えすぎて
しゃべるしゃべる・・・・


疲れました・・・・


連休入って二日
どちらも全国的にお天気はよく
暇になるかと心配しておりましたが (連休に限っては天気が良いと暇になったりする)
いえいえ、そんなことはありませんでした

疲れたけど

売上的には良かった   

嬉しい悲鳴デス


あーーー、しかし疲れた・・・
[PR]
by minmei316 | 2012-04-29 18:10 | Comments(10)

旬な大人のおにぎり

f0226953_1156110.jpg


葉山葵

超大好き

じいちゃんが秘密の場所からとってきた

これは何ベんも言っているが

死ぬ前にその秘密の場所を絶対絶対

聞いておかなければ・・・




ご飯にかつぶし混ぜて(また、かつぶし)
醤油で握って

かふっとほおばると、ツーンと鼻に抜ける辛さ
たまんないよ
[PR]
by minmei316 | 2012-04-21 12:05 | べんとう | Comments(2)
今朝は誰よりも早く起きて
わたしのベッドの足元の方にちょこんとお座りをして
遠吠えをあげていました 
にわとりのように・・・・



去年まではそんなに気になる様子もなく、盛りの時期は過ぎ去っていましたが
今年はなんだかちょっと違います
なぜでしょう??
そういえば去年の夏に大脱走をはかった時
もしやいい思い・・・でもしたか
その味をしめて
この盛りの時期に思い出したか?


とにかく なんだか様子がおかしいのです 笑



いやはや・・・春でございますねぇ

f0226953_18565641.jpg

f0226953_190324.jpg

[PR]
by minmei316 | 2012-04-19 18:56 | 銀次郎散歩道 | Comments(2)

春よ・・・











愛をくれし君の なつかしき声がする
[PR]
by minmei316 | 2012-04-19 10:00 | 音楽 | Comments(0)

赤い糸

昔で言う別珍(べっちん)の名残から抜けられないでいるダンナは
今でもテラテラ素材がどうしても気になるらしく
時々こういう素材を選んで購入したりする
f0226953_14553713.jpg

これはポリエステル素材のテラテラジャージのズボンの方
しかし残念な事にこれを着て銀次郎君と散歩に出かけ
途中の芝生で遊んでやったら、どうも銀次郎君興奮しちゃって
ダンナに飛び掛ったときにビリビリとやられちゃったみたい
やや膝上から20センチほど
「頼む、縫ってくれ」と言われてもあーた・・・
ミシンがないから手縫いですよ
てか、赤い糸あるにはあるけど、この赤ではないよ・・・
ということで、しばらく放置しておりましたが
ある時ふと思い出したのであります
今は亡きお母さん(義母)の形見の裁縫箱
お母さんはお裁縫が得意で、昔は洋服やカバンや
着物の帯(名古屋帯)など作っていたらしく
裁縫箱を開けるとかなり使い込んだ道具や沢山の小物が入っていた
いろんな種類のレトロなボタンや、何色もの糸
その糸の中に確かこのジャージと良く似た糸があったはず
f0226953_15114874.jpg

あったあった
しかもこれは光沢のある絹糸だ
ちょうどテラテラ素材にいいのでは・・・

しかししみじみ思うのですが
お母さんがオシャレだったように
息子さんもそれをすっかり受け継いでおりますよ
そして色の好みも似ているのでしょうか
同じ色の糸がお母さんの裁縫箱から見つかりました
これを聞いたらきっと
眉と目の両方を8時20分に下げて満面の笑みをたたえるでしょうね
あの笑顔は忘れませんよ
だって息子さんが今、お母さんと同じ顔で笑っていますから
f0226953_1529596.jpg

ポリエステル素材に絹糸で大丈夫か?とちょっと心配でしたが
何とかなりました



右膝にお母さんの暖かい ぬくもり
[PR]
by minmei316 | 2012-04-18 15:35 | Comments(2)

食卓事情

毎日弁当を作ることになってからというもの
夕飯のおかずを決める条件として
次の日の弁当のおかずになるかならないかで
大いに左右されている今日この頃です・・・汗
昨晩はきんぴらごぼうを一品
当然これも次の日の弁当のために作ったようなものですが
昨晩のそれはいつもとはちょっと違う作り方でやってみたところ
なんだか旨かったので紹介いたしましょう
そもそも普段よく作る料理ってあると思いますが
私の場合、なぜでしょう?毎回毎回、味が変わります
作っているうちについ変えたくなって、ちょっと具材を変えたり
味付けを変えたくなってしまう衝動に駆られるのであります・・・
それに比べてうちのじいちゃん(義父)の作る料理は
流石、昔商売をやっていただけあって
頑なにそれを守り通すという感じの、全く変わらない味です
それはそれで、凄いなといつも感心しておりますが
そんなじいちゃんに比べますと、このわたし、いったいなんなんでしょう?
常に違う味を求める冒険家でしょうか?
ただ単に、同じ味に飽きちゃう浮気性でしょうか
ま、浮気性と言ってもダンナほどではないですが・・・と、ここはサラッと流して
ついつい変化を求めるわたしは、昨夜こんなきんぴらごぼうを作りました

〇ごぼう・にんじん炒めます
〇ある程度火が通ったら水を足します(ちょっと軟らかく仕上げようと思いついて)
〇砂糖みりん塩醤油、そして酢をちょろっと入れたい衝動に駆られ、、入れました
〇しばらく煮詰め水分が少なくなったところで、かつぶし(いっぱい)を入れ水分を吸わせ
〇ごま油をタラッ!
〇更に(皿に)盛り付けてから白ごまパラパラ(胡麻攻め)

お酢が入ったことでサッパリと仕上がりました^^
とまぁ、それだけのことなんですが・・・ね
f0226953_1541893.jpg


あらら・・・改めて写真をマジマジと見ましたら
なんだか全てが赤い感じの弁当になっちゃった・・・

ま、いっかぁ








ついでにその前の日の弁当
f0226953_15624100.jpg

焼ビーフン弁当





ああ、毎回弁当を写真に撮ってアップするたびに
我が家の夕飯の食卓事情がバレバレですな・・・汗
[PR]
by minmei316 | 2012-04-17 15:10 | べんとう | Comments(8)

銀次郎君の仕事

はるるんとちょっと込み入った話をしていたらば
銀次郎君も下で話を聞いていた
f0226953_125794.jpg

こんな感じで^^






ある日営業中にお客様が後日セットをしてもらいたいという予約をしに来店
セットはどんな感じに仕上げるとか、時間は何時にするとか 
受付カウンターでいろいろな打ち合わせをしていたらば
ちょっと離れた所のセット面で雑誌を読んで待っていらっしゃったお客様が
こちらを見て急に笑い出した
いったい何が起きたかと不思議に思いましたらば
そのお客様、銀次郎君を見てお笑いになったらしく
わたしと予約に来られたお客様との二人の間に立って
片方が言うとそちらを見上げ、もう片方がそれに応えると、そちらを見上げる
右向いたり左向いたりして、話に参加いてる姿がどうやら可笑しかったらしい

忙しく仕事をしているとつい存在を忘れてしまいますが
彼もちゃんとそばで、仕事をしているようです・・・
[PR]
by minmei316 | 2012-04-12 13:14 | 銀次郎散歩道 | Comments(8)

目玉焼き弁当

f0226953_11335933.jpg

〇レタスに昨晩の残りもののキュウリ、ワカメ、ホタテ(酢の物用具材)を混ぜて
  ドレッシングでサラダ
〇イカの天ぷら これも昨晩の残りもの
〇シュウマイ
〇フルーツトマト
〇ご飯の上に海苔、マヨネーをちょっとしいてその上にハムエッグ

黄身は半熟
醤油をたらして召し上がれ~~



いよいよ高校生の弁当を毎日作ることになりまして・・・
いかに手抜きで旨そうな弁当をこしらえるか!
これがわたしの今後のテーマです!
[PR]
by minmei316 | 2012-04-11 11:40 | べんとう | Comments(8)

制服

夕べあややんがこんなことを言ってきた

「ママ。制服のスカート、裾を切って短くしてちょうだい」

f0226953_1022073.jpg

「はぁ?」である


言いたいことは山ほどあったが、あえて無視してやった




血は争えない。全くわたしと一緒ではないか・・・


わたしの学生時代の制服といえば、今のそれとは正反対で
上着はガッツリ短く、スカートは引きずるほど長い というのが
いわゆる「つっぱり」がカッコイイと思っている愚かな学生達には人気だった訳で・・・
いわゆるこのわたしも恥ずかしながらその愚かな人間のひとりだったわけで・・・

当然校則に基づき、スカートの長さは膝下何センチとか?
多分今でも変わらずそういう決まりごとはあるであろう
それを、おもいっきし破ってやろうというところは
すっかり血を受け継いでいると、我ながら泣けてきます
しかし当時のわたしと違う所は
それを平気の平然として堂々と親に頼んでくるところだ
全くなんという図太い神経だ!親の顔が見てみたい (わたしか!) 
これも知らず知らずにそういう風に育ててしまったわたしの責任なのだろうけれど
ただただ泣けてきます orz

確かに気持ちはわかる・・・わかるけどさ
親がはりきって校則破りにお手伝いするわけにゃーいかねーんだよ!!


わたしは当時、徹夜を決めて親にばれないようこそこそと
スカートの裾をガッツリおろして、まつり縫いをしたもんさ



どうしてもしたいんなら

自分でやれ!
[PR]
by minmei316 | 2012-04-07 11:03 | 家族 | Comments(12)