こんにちは!          今日もいい塩梅ですか?


by minmei

<   2011年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

サンダル

底がぺったんこのグラディエーターサンダルっつーサンダルを履いて
夕方銀次郎君と散歩をしていましたら
きっとダラダラと歩いていたのでしょう
アスファルトにサンダルのつま先をずってしまい
薄底の二枚重ねの縫われていた糸が切れ、パカッと開いてしまい
あろうことかサンダルが口を開いた状態になってしまいました
しかし散歩はまだまだ途中ですし、仕方ないから家路までの距離を
足元のつま先を歩くたびにパカッパカッといわせながら帰りました
早速家に着くや否や、開いてしまった口を貼っつけようと
ボンドを探しましたが、そういうときに限っていつもある場所にないのであります
「無い。無いよ。」と言いながら道具箱の中をガラガラと、かき回していましたらば
アロンアルファなるものを見つけまして、これならばボンドよりも
瞬時にくっついてくれるだろうと、ほんとは少々でよいものを
たっぷりと付けてみたりして、流石のアロンアルファ
お口は頑丈にくっついてくれました
いやはや兎に角これで安心とサンダルを愛しく眺めておりましたら
あ、よくよく考えてみたら最近虫の鳴き声を聞くようになりました
暑い暑いといっても、秋は確実にすぐそこまで近づいています
いよいよ今年の夏も終わりですね
てことは、なんだ、サンダルももうお仕舞いじゃないの

3月、震災後間もなく岩手に帰ったとき
津波の災害にあった土地は手つかずの瓦礫に一面を覆われ
見るたびにとても辛くただただ哀しい景色でした
7月、慰霊祭で帰ったとき
我々の、これからどうなってしまうのかという心配をよそに
あの荒れ果てた瓦礫はキレイに撤去され
キレイすぎるほどキレイサッパリと何もなくなった更地が
これまたなんとも切なくはなりましたが、そんな気持ちと裏腹に
それでもこの広い大地の中で小さな人間たちは着々と動いているんだなぁという
あの絶望的だった気持ちから少しは救われたような気持ちでした
そして8月、お盆で帰ったときは
その更地を、まるで何も起きなかったかのように
雑草が覆いつくして全てを隠してしまっていました
そしてわたしは松尾芭蕉の「夏草や兵どもが夢のあと」を思い出しました
意味はちょっと違うけれども、でも、変わらず季節はめぐる
その地で沢山の人が死に1000年に一度の惨劇が起きようとも
何が起きようとも、日は昇り日は沈み、春は過ぎ夏が来て
雑草はそ知らぬ顔でその地を覆いつくす・・・
皮肉にも生き生きと伸び伸びと・・・ね
そうか、何かが死ねば、代わりに何かが生まれる
いろんな意味で生まれるという事はそういうことなのかもしれない
そして残された人間はめぐりめぐる季節の中で
兎に角置いていかれないように、真っ直ぐ前を見ていかないとね

なぁんて、そんなことを思いながら
そろそろサンダルを片付けようかと考えている今日この頃です・・・






もしこの災害がわたしのサンダルみたいに
アロンアルファのようなもので瞬時に修復できたなら・・・
いやしかし、この便利という代物は実は危険極まりないということも
今回の福島の震災で思い知らされた
やはり地道ではあるが、糸でもって一縫い一縫いがいいのかもしれない・・・
手作りは温かいものだから・・・
[PR]
by minmei316 | 2011-08-31 17:28 | Comments(8)

ストパー

先日はるるんにストパー(ストレートパーマ)をかけてあげた
中学に入り部活をするようになってからショートカットになったはるるん
ところが朝いくらきっちりとブローして学校へでかけても
帰る頃には「あれ?パーマかけたん?」しかもおばちゃんパーマ・・・となる
そう。クセ毛なのでございます
本人凄く気にしているのでストパーをかけてあげました
f0226953_12261410.jpg

しかしこの寝方・・・どうよ?
f0226953_12135825.jpg

クセ毛のひとはまつ毛もクセ毛 くるん
[PR]
by minmei316 | 2011-08-31 12:29 | 家族 | Comments(4)
うちのお客様の中には今までに
銀次郎君の影響でワンコを飼われた方が何人かいらっしゃる
そしてまたひとり、この盆過ぎに新たな家族が増えたよといって
小さなまだ生まれて2ヶ月のかわいい柴犬の赤ちゃんの写真を
わざわざ持ってきて見せてくれた。

ちっちゃくてまんまるっこくて、それはそれは可愛くてね
3年前にうちにやってきた時の銀次郎君を思い出しましたよ

f0226953_1433543.jpg


これはまだうちに来る前の生まれて間もない銀次郎君
かわいいでしょ

ということで
生後間もない銀次郎君と
そしてその兄弟を紹介しましょう

つづき
[PR]
by minmei316 | 2011-08-28 15:56 | 銀次郎散歩道 | Comments(8)
寝ている銀次郎君に「うみいくか!」というと
すぐさま耳をピンと立ててキュッと振り返り、首をもたげた
銀次郎君の耳から入る「うみいくか」という発音はどのように理解しているのだろう
まさか、ほんとにキレイな海を見に行くつもりで喜んでいるわけではあるまい
f0226953_2044463.jpg

f0226953_2165193.jpg
f0226953_2172179.jpg
f0226953_2174644.jpg
f0226953_218256.jpg
f0226953_2181183.jpg
f0226953_2183322.jpg

写真がデカくてごめんね
縮小するのめんどかった
スマホのカメラ機能ごときで
この自信たっぷりのような写真・・・ おはずかしい・・・

波を見て
「第一波、第二波・・・・」
つい、それを連想してしまう・・・
[PR]
by minmei316 | 2011-08-26 21:13 | 銀次郎散歩道 | Comments(6)

思いがけず観光気分

先日の月曜定休日
部活(排球)をやっている娘たちの大会の送り迎えで
能登の能登島まで行ってきた
そして待っている間、「ひょっこり温泉」に入り
ガラス美術館で開催されていた「鏡のアート」も見たりして
思いがけず観光気分を味わう事ができた
あ、もちろん、子供達の試合も応援しましたよ
でもね、はるるん、私達に見られるとプレッシャーがかかるんですって
確かにサーブ・・・ネットの下をくぐってました(汗)
f0226953_10461038.jpg


More
[PR]
by minmei316 | 2011-08-24 11:28 | どこそこ行きました | Comments(4)

冬瓜

でっかいでっかい冬瓜を頂きました
f0226953_13263684.jpg

サクッサクッと包丁を入れましたらば
中は何と神秘的なこと
種が光っておりました
まるで鍾乳洞の中にたたずむ水晶のようでした
これを一眼レフのマクロで撮れなかったのが残念です・・・
なぁんて、わたしの腕じゃ、どれで撮っても変わんねーっつー話ですけどね


しかしそれにしたって冬瓜
デカすぎた
そもそも若者にはどうしても不人気な冬瓜
我が家でもはるるんがちょっと・・・の冬瓜
絶対どうにかして食べさせよう冬瓜
f0226953_13392963.jpg

メインは挽き肉か!冬瓜か!ってぐらい挽き肉を沢山入れて
とろみをつけて、あ、最後の仕上げにはるるんの大好きなごま油をちょろリ
したっけば
うめーうめーと喜んだ・・・  のは、あややん
どんぶりでひとつ、たいらげた

肝心要のはるるん 小皿に取り分けたノルマ、ようやくたいらげ・・・おしまい (泣)

ちくしょうめ
どうにかして食べさせよう!
闘志が湧くね!
[PR]
by minmei316 | 2011-08-23 13:49 | ごはん | Comments(4)

ゴミの分別

カップラーメンの蓋は明らかに誰が見たって紙なのに
あややん
なぜ、なぜプラのゴミ箱に入れるかな

うちの子らは
ちょっとオツムが弱いのかもしれん・・・

夕べ爪を切ったはるるんが(それにしたってダメじゃん)
切った爪を捨てるのに
燃えるゴミのゴミ箱とプラのゴミ箱の並んでるそこに立って

「ママ、爪はプラ?」

と言った

た、確かにプラっぽいけどさ・・・違うべよ・・・

わたしはある意味泣けてきた・・・
[PR]
by minmei316 | 2011-08-13 09:47 | 家族 | Comments(4)

The Rose



手嶌葵の The Rose
いい声だねぇ

*
[PR]
by minmei316 | 2011-08-11 17:17 | 音楽 | Comments(0)

錯覚

相変わらず
子供らの部屋
ゴミ屋敷です

朝出がけに
部活も引退してこの夏休み暇をしているあややんに
「部屋、掃除しておきなさい」 言いました
そしてその夜帰宅後
「部屋は掃除したんやろねぇ?」 聞きましたらば
あややん、こう答えました

「うん。掃除したなぁと錯覚を起こす程度に!」


あいつめ、なかなか上手いこと言うなぁ・・・

ってか、感心している場合じゃない

部屋を開けてみましたらば
案の定、錯覚などひとつも起きないじゃないかっっ!

「詰めが甘すぎるんじゃ!おめーら」
「これじゃ、錯覚どころか失格じゃ!」

とまぁ、結局のところはるるんまで巻き添えを食って怒られたとさ

おしまい
[PR]
by minmei316 | 2011-08-05 10:57 | 家族 | Comments(6)

銀次郎、レゲエになる

f0226953_16305758.jpg

実は銀次郎くん、先日また大脱走をはかった
そう、いつもは我慢してる
私達がいるときはドアが開いていても出て行かない
しかし、その時自宅には誰もいなかった
そこへじいちゃんが散歩(自分の)から帰ってきて
汗をかいたのでちょっくら銭湯へでも行こうとドアを開けっ放しで
お風呂セットを取りに中へ入っていった隙に
銀次郎君、二階からそっと降りてきて
開け放った自由な世界の扉をぬけて出て行った・・・のである
どうやらその犯行時間はお昼頃
その二時間後、わたしは用を済ませ帰宅したら
いない・・・
いない、いない、いない!
どこ探してもいない!
犬はそもそも帰巣本能を持っているから
ほっといても戻ってくるだろうけれど
心配なのは車にひかれるのではないかということ・・・
なんせ彼は前科があり、前の行動から察するに
車が来ようが完全無視、わが道を行く
結果、車の方が慌ててブレーキを踏む・・・
これはまずい 探さねば
自転車に乗って、あの炎天下、日焼けがどうのなんて気にしてられない
水分補給の為のわずかな小銭をポッケに入れて、走った
脱走をはかってから、既に2時間、銀次郎くん、いったいどこまで行ってしまったか・・・
ダンナ、ゴルフから速攻帰ってきて、もう一台の自転車で合流
二人で手分けして探すこと更に3時間
ダンナから携帯がなる
「おった!」「リード持って来い」
見つけた場所は自宅から大して遠くはないが
それでも歩いたら遠い
銀次郎くん、いったいお前はどこをどうほっつき歩いていたんだね?
たまの自由は良かったかね?
こちとら車にひかれて死ぬんじゃないかと心配したよ~~~~

ダンナが見つけたとき
彼はそれこそ嬉しさいっぱいで弾むように歩いていたとさ
ところが「銀!」と声をかけたらば、一気にテンション下がったのが見て取れたとさ
わたしがそこに着いたとき、確かに彼の顔は既に神妙な顔つきになってたよ
一応はやばい事したという自覚はあるみたいだった
別に怒らんけどねぇ^^

いやはや
それにしても炎天下の3時間は大変だった
おかげでいい運動にはなったけどね・・・
[PR]
by minmei316 | 2011-08-02 17:12 | 銀次郎散歩道 | Comments(8)