こんにちは!          今日もいい塩梅ですか?


by minmei

カテゴリ:銀次郎散歩道( 42 )

硬派 山本銀次郎!

f0226953_13534750.jpg

プラ板(プラスチック製の薄いシート)に字を書いて
f0226953_1355140.jpg

シワシワのアルミホイルの上に乗せて
f0226953_13554729.jpg

オーブントースターでチン! (ふにゃふにゃになって小さくなる)
外に取り出したら熱いうちに本に挟んでまっ平らに固定。
その時、あえてシワシワアルミホイルを下に敷いたまま固定。
f0226953_13564517.jpg

硬派山本銀次郎のネームプレート完成ーーー!!!




爪がちょっと黒いのは染毛剤のせいで
決して不潔にしているわけではありませんのであしからず。
[PR]
by minmei316 | 2013-11-30 13:57 | 銀次郎散歩道 | Comments(10)
f0226953_14575291.jpg

今日は天気がよかったので今年最後のシャンプーをしました。
銀次郎君の毛はドライヤーをかけると毛が舞うのでそれは避けて自然乾燥。
ですから天気のよい小春日和(もう小春日和と言ってよいのか?)に
ポカポカ日差しを受けながら自然に乾かすのです。
銀次郎君のシャンプーは年に3~4回に定着しました。
基本、犬はシャンプーなどしたくないに決まっています。
それを人間様の都合で心地よい体臭をきれいさっぱり
洗われてしまうのでたまったもんじゃない。
と、きっと銀次郎君はそう思っているに違いありません。

今銀次郎君は夏毛から冬毛への生えかわり時期。
今日のシャンプーでもごっそりと抜けました。
これであとは寒くなるにつれ、またふかふかの毛が生えてきます。


銀次郎君、
次のシャンプーは来春4月か5月。
それまでしばらくは安寧です。
[PR]
by minmei316 | 2013-11-02 15:16 | 銀次郎散歩道 | Comments(6)

動く銀次郎君

銀次郎君の嫌いな言葉
其の一 シャンプー
其の二 爪、切る?
其の三 おくすり

大好きな言葉・・・おやつ。


[PR]
by minmei316 | 2013-09-29 14:39 | 銀次郎散歩道 | Comments(6)

銀次郎君の水飲み皿

銀次郎君がいつも使っているごはんの皿と水の皿。
それは娘が小学生のときに欠かさず買っていた
月刊誌の「ちゃお」という分厚い漫画本2冊を重ねて
それを台にしてその上に乗せて使っているわけだが
じつはある日、店内奥のスタッフルームから
誰もいないはずなのに突然カランコローンという音が響いた。
何か物が落ちたかと行ってみれば
そこには銀次郎君が居て
空になったステンレス製の水飲み用皿が
その台から落ちて転がっていた。
始めは偶然のことかと思っていたが
それからも度々カランコローンと
空になった皿の落ちる音を鳴り響かせた。
そう。
銀次郎君は意図的に皿を落として知らせるのだ。
しかし犬の知能とはこういうことまで
できてしまうのかと感心させられる。
でも、いやまてよ、、
もしかしてうちの銀ちゃんが特別なのか?
なんて親バカの過剰なまでの贔屓目は止まらない・・・。


しかし昨日のことである。


何気にチラッと見たら銀次郎君がそこに居た。(水飲みの所)
それからちょっとしてまた見たら、まだそこに居た。
水を飲むでもなく、ただそこに立ち尽くしている様子。
良く見たら
その台にしてあった分厚い本の上の1冊が
少しばかり手前にずれ込んできていて
壁との間に隙間ができてしまっていた。
そしてあろうことか
またうまい具合に空になった皿を落としてやろうと試みたが
うまい具合にいかず、その隙間にパカッと挟まってしまった。
そして銀次郎君はどうすることもできずに
ただただ、
ただただその皿をひたすら見つめるこしかできずにいた。

ああああ、

なんて可愛いの!!!!!


優れたワンコもそりゃ誇らしいが
できないワンコは、それ以上に可愛い!
可愛すぎる!

癒されるわ~!



f0226953_17453611.jpg

[PR]
by minmei316 | 2013-08-24 17:52 | 銀次郎散歩道 | Comments(8)

銀次郎君とドライブ

f0226953_1552252.jpg
f0226953_154857.jpg
f0226953_1533154.jpg
f0226953_1523083.jpg
f0226953_1505859.jpg
f0226953_1501137.jpg

[PR]
by minmei316 | 2013-07-10 15:08 | 銀次郎散歩道 | Comments(6)
午後も4時半を過ぎた頃に
奥で寝ていた銀次郎君が出てきた。
前、後、でギューっと伸びをしてそしてブルブルブル。
その次はゆっくりとしたあしどりで
静かにわたしらのそばに来てジッと下から見上げている。
それでもわたしらはあれこれとすることがあって(仕事)
すぐにはかまってやれず
だからずっと、あれこれしている間中
わたしらの顔を下から伺っている。

やがて手が空き、
下から様子を伺っている銀次郎君の目を見て
「散歩行くか!」と言ってあげると
ただただひたすら待ち焦がれたその言葉に
耳がすぐさまピンと反応して
銀次郎君の顔が「ハイ!」と言った。

うんちを包む紙と、それを入れるビニール袋とを
ジーンズのポッケに入れると
銀次郎君は下から確かにそれを見定めて
心なしか弾むように入り口のドアの前まで行き
ドアのその隙間に鼻をくっつけて待っている。

わたしが後から首輪を付けてリードを手に持ち
そしてようやくです。
チャリンという鈴の音と共に、ぶわっと風を受けて
待ちに待ち焦がれた、外の輝きし世界への扉が開くのです。
f0226953_20443885.jpg


銀次郎君はいつも待っている。
ただただひたすらジッと待っている。
それが当たり前のことのように待っている。
早いと得だとか、遅いと損だとか
そんなことは考えない。
だから文句も言わない。
文句を言うのは人間だけ。
損得ばかり・・・。
[PR]
by minmei316 | 2013-06-15 20:30 | 銀次郎散歩道 | Comments(6)
f0226953_1318396.jpg
f0226953_1319611.jpg


「ぜひ、銀ちゃんを載せて!」
と、うちのお客様が新聞社に勤めるお孫さんに
紹介してくれたんです!

わたしら何もしてまへん。
ただ言われて写真を送っただけです。

しかもそのお客様の娘さんも柴犬を飼ってらっしゃるにも拘らず
そのワンちゃんを差し置いて
銀次郎君を紹介してくれました。


銀次郎君、凄いね!

あんた自力で新聞に載っちゃったよ!



f0226953_1443322.jpg

[PR]
by minmei316 | 2013-03-23 14:44 | 銀次郎散歩道 | Comments(8)

コマ送り

f0226953_19105498.jpg

こ・ま・お・く・り・も・で・き・ま・す・よ!

昔、そんなCMありませんでしたっけ?

コマ送りをどうぞ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
[PR]
by minmei316 | 2013-01-11 19:28 | 銀次郎散歩道 | Comments(2)

かわいい銀次郎君

かわいいね~
ほんとかわいい
銀ちゃん何でそんなにかわいいの~


猫のように丸っこくなって眠っている銀次郎君に
ねちねちと擦り寄って顔をくっつけては
何十回も何百回もそう言っているが


f0226953_15574093.jpg



そんな時の銀次郎君の顔は

こんな顔なんだ。

迷惑そう・・・・。
[PR]
by minmei316 | 2013-01-09 16:03 | 銀次郎散歩道 | Comments(8)

銀次郎君のトイレ事情

昨日は一日中ゴロッピカッの雷と時折激しい雨に見舞われ
案の定雷が怖くて雨が大嫌いな銀次郎君
夕方外に出しても散歩に行こうとはしない。
家の中では一切排泄をしないため、トイレシートなどもない。
また、あったとして家の中に備え付けても
銀次郎君はそれが何なのかもよくわかっていないような状況。
リードを引っ張っても動こうとしない銀次郎君に
「いいの?明日の朝までおしっこできんげんよ?」と聞いたら
「うん。」と言ったので散歩は断念した。
そして酷いのは昨夜だ。
夜中ずっとひっきりなしに雷が鳴りっぱなし。
電気を消して真っ暗な部屋にいちいちピカッが
つむっている瞼を通り越して眼球に光を感じるのがわずらわしい。
この私ですら眠れない・・・
毎年の事だがこれほど雷にうんざりした事があるだろうか。
わたしが寝ている布団の足元になら寝てもOKだよと、躾けてある銀次郎君。
大きい雷が鳴るたび小刻みに震えているのを足元に感じる。
たまに起きて「大丈夫大丈夫」と体を撫でつつ暗示をかけながら
眠れないと言いながらもいつの間にか寝てしまっていたわたしだが
朝、目が覚めたらば銀次郎君、足元ではなく
私の顔のまん前に寝ていた。相当怖かったのだろう。
そして朝も外はゴロゴロとザーーの鳴りっぱなし。
弁当と朝ご飯を作りながら、あー今日も銀ちゃんのおしっこ危ういなぁと
懸念していたらば、まぁ何てことでしょう!
一時的に空が明るくなって雨がやんだ!
この時期の天気と何とかは変わりやすい!
こりゃ今しかないと慌てて銀次郎君を連れて散歩に出る。
銀次郎君24時間分ためていたおしっこをジャンジャカと放出。
ウンチも山盛り。
いや~よかったよかった。とりあえずはよかった。
しかし散歩から帰るとまた女心と一緒で雨は降り出し雷ゴロゴロ。
この時期北陸特有のこのお天気。
ほんとどうにかならないもんかね?
銀次郎君のトイレ事情、常に危うし・・・・。
f0226953_1349209.jpg

雷に怯えて挙動不審状態
なぜか本棚をつたり、受付カウンターの上に上がってしまった。
高いところも苦手なはずなのに・・・
[PR]
by minmei316 | 2012-11-14 13:51 | 銀次郎散歩道 | Comments(4)